住むまちではじめる わたしらしい働きかたと暮らしかた

どうしたら、もっと”わたしらしく”働けるのだろう?

働くことと暮らすこと。そのどちらもがまいにちの中にうまく溶け込んだらどんなに1日1日がゆたかになるでしょう。
“暮らす”まちで”働く”というのが、それを実現させるための一つの選択肢。ただ”近所で働く”という枠を超えて、住むまちだからこそできる働き方があります。
この「働くと暮らすの交差点」は、実際に、思考錯誤を繰り返しながら自分らしい働き方をたぐり寄せてきた人たちをゲストにお呼びするトークイベント。

ちょっと先を走っているゲストのみなさんとの”おしゃべり”を楽しみながら(ドリンク&プチデザート付)わたしらしい働きかたや暮らし方をつくるキッカケにしていただけたらと思います。
12/11に[vol.1]を開催して、たくさんのみなさんに集まっていただいた企画の第2弾。今回は、働きながら、まちを楽しんでいる3人のゲストをお呼びします。それぞれにそれぞれのスタイル。どうぞお楽しみください。

地元豊島区在住の3人にそれぞれの働きかた、暮らしかた、まちの愉しみかたについてお話いただきます。
どうぞお楽しみに。
託児などはありませんが、お子様連れの参加も大歓迎です。

第2回のゲストは・・・

[雑司が谷]
鶴丸のどか イラストレーター/グラフィックデザイナー
雑司が谷を拠点に活躍。地元歴3年半ながら、どんどん地域に溶け込み、活動中。最近、地元雑司が谷を紹介するメディア『zodee(ゾディー)』を立ち上げる。
ツルマルデザイン

[要町]
市川望未 のぞみんたべものきょうしつ 主宰
大手教育関連企業、小学校教員などでの経験を活かし、自宅にて子ども向け料理教室を運営。“のぞみん”の愛称で地元のお母さんや子どもたちに親しまれる。

[東池袋]
山本恵子 (株)アミナコレクション 宣伝広報・WEB ディレクター
東池袋に本社がある良品計画に勤めた後、現在の会社に転職。職住近接の毎日から、横浜まで通う毎日に変わるが、あえて住まいは変えず、”地元”東池袋での生活を楽しんでいる。


<開催概要>

働くと暮らすの交差点[vol.2]ーとしまscopeオープニング記念イベントー

開催日時:2017年2月11日(土)13:00-15:00(開場12:30)
会場:日の出ファクトリー
参加費:豊島区内在住在勤の方 500円 区外の方 1,500円※オープン記念特別価格
(ドリンク・プチデザート付き)
主催:としまscope(豊島区)、日の出ファクトリー
運営協力:合同会社日出家守舎

<こんな方に特にオススメします>

  • あたらしい働き方を模索している人
  • 住んでいる地元で何か始めたい人
  • 住むまちにもっと愛着をもちたい人

<予定スケジュール>

・13:00-13:30|ゲストトーク
 各ゲストがそれぞれの活動についてお話しします(10分×3)。
・13:30-14:15|クロストーク
 ゲスト同士でおしゃべりして、話を掘り下げていきます。
・14:15-15:00|おしゃべりタイム
 おやつを食べながら、ゲストと参加者で交流します。


このイベントは終了しました。後日、こちらのページにてレポートを掲載します。

前回の「働くと暮らすの交差点」vol.1のイベントレポートはこちらから