第1回キックオフイベント

としまぐらし会議Kick Off 〜これからのとしまぐらし〜
プレゼンター4名によるプレゼントーク

参加型ワークショップ:WILL&WISHリストづくり

2017年11月14日(火)19:00(開場:18:30)
場所:としまセンタースクエア(豊島区役所内 1階)

プレゼンター

  

竹沢徳剛
巣鴨出身。仰高小卒。東日本大震災を機に多様性のある新しい共同体の必要性を感じ、米国から帰国し、41室のシェアハウスRZP巣鴨を開設。RZP大塚では子育てと仕事を両立させる託児所付きシェアオフィスを運営中。

  

藤岡聡子
1985年徳島県生まれ三重県育ち。24才で介護ベンチャー・老人ホーム立ち上げを経験後、2度の出産を経てデンマークへ留学。帰国後、福祉の再構築をミッションに起業。現在、椎名町にて世代・福祉の出会う場「長崎二丁目家庭科室」運営。

栗林知絵子
NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク 理事長。地域の子どもを地域で見守り育てることをコンセプトにNPOを設立。 全国に先駆けて「要町あさやけ子ども食堂」を立ち上げた他、「池袋本町プレーパーク」「無料学習支援」等を展開。

青木純 
豊島区出身。「としま会議」発起人。区内に飲食店「都電テーブル」を3店舗運営。豊島区のリノベーションまちづくりを牽引し、構想の策定や「グリーン大通り等賑わい創出事業」に取組み、民間主導の公民連携を実践。2017年11月18、19日に開催されるIkebukuroLivingLoopを企画運営。


としまぐらし会議、メンバー募集!

 

一緒に、としまぐらしを考えませんか?としまぐらしでは会議メンバーを募集しています。

        
  • 参加条件:住民参加型ワークショップイベント全4回に参加でき、豊島区に何らかの関わりのある方
    (住んでいる、働いている、学生さん等 豊島区をフィールドに活動している方)
  •  
  • 参加費:無料
  •  
  • 定員:30名程度

ご参加はコチラから

主催:豊島区女性にやさしいまちづくり担当課