今年の各地の紅葉(カエデ)の見ごろは、平年並みか遅い所が多いでしょう。東京の平地での見ごろの時期は、11月下旬の見込みです。

紅葉の見ごろは、秋(9~11月)の気温が低いと早まり、高いと遅くなります。今年の9月から10月のこれまでの気温は、平年並みか高い所が多くなりました。今後の10月から11月にかけての気温は、平年並みか高い見込みです。このため、紅葉の見ごろは、平年並みか遅い所が多いでしょう。近畿地方では、平年よりも早い所がありそうです。東京の平地での見ごろの時期は、11月下旬の見込みです。

2018年10月17日発表

日本気象協会の紅葉見ごろ情報は今後も更新予定です。「tenki.jp」で最新情報をご確認ください。

2018年 紅葉見ごろ情報(日本気象協会 tenki.jp)
https://tenki.jp/kouyou/


「紅葉の見ごろ予想」ってどんな風に予想するの?

「紅葉の見ごろ予想」は、日本気象協会が独自に計算し、発表しています。気象庁が観測した各地の過去の紅葉と気温のデータとの相関関係を調べ、日本気象協会が予測式を作成します。その式に、各地の2018年の気温の観測値や予測値を参照・計算し予測しています。

「紅葉の見ごろ」とは?

カエデの木の大部分の葉の色が紅色になった状態です。日本気象協会の「紅葉の見ごろ」は、気象庁が制定している「生物季節観測指針」における紅葉の基準に基づき、「カエデの木の大部分の葉の色が紅色になった状態」としています。予想の対象とする木の種類は「いろはかえで」で、「いろはかえで」がない場所では「やまもみじ」や「いたやかえで」「おおもみじ」などを対象に予想しています。

紅葉はどんなときに早まり、どんな時に遅くなるの?

一般的に、紅葉は秋の気温が低いと早くなり、気温が高いと遅くなります。最低気温がだいたい8度以下になると、紅葉が進みます。9月~10月の気温の寒暖差が大きくても、最低気温が8度以下にならなければ、紅葉はあまり進みません。

日本気象協会の天気予報専門メディア「tenki.jp(てんきじぇーぴー)」では全国の紅葉名所770地点の紅葉情報を提供しています。770地点のうち、カエデ・モミジ類の紅葉名所685地点については色づき状況の実況に加えて「紅葉見ごろ予想」を紹介しています。なお、残りのイチョウ、ダケカンバ、ブナ、ケヤキなどカエデ・モミジ類以外に色づく樹木が存在している85地点は実況のみを紹介しています。

関東・甲信地方の紅葉見ごろ情報(日本気象協会 tenki.jp)
https://tenki.jp/kouyou/3/


おわりに…

日本気象協会が予想しているのは、全国の紅葉見ごろ予想ですが、紅葉は身近にある風景から楽しむことができます。豊島区にはたくさんの小規模公園があり、またグリーン大通りやすがも桜並木通りなど、並木道も身近にあり、紅葉を楽しむことができそうです。生活のなかで秋の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

日本気象協会 気象予報士
平泉 浩一

「紅葉の見ごろ予想」へは、海外の方からも反響をいただいています。
季節の変化を味わう、日本ならではの文化をお楽しみください。